神頼み考

今までこんなことを思った、あるいは考えたことはないかい?c0028047_1744311.jpg
「神様、ほかの事はどうなってもいい、どうかこれだけは!!」
って、
普段は神様なんて信じていないのに、
もうどうしようもなくなったときだけ、人は神様にすがろうとする。
前にのっけたミダス王の伝説を覚えているかい?
『王はとても欲深だったので、神に限りなく黄金をくれと頼んだ。神はその願いを叶えてやった――ただし、悪意たっぷりに』
この王様の末路は、触るものがすべて黄金になってしまって、水も飲めなくなってしまうという、そういうオチだ。
この手の話は非常に多い。
最近気づいたんだけど、
神様にお願いするとき、
人は、
なんていうか、他の願いは切り捨てて唯一つだけ、
なんだよね。
他はどうなってもかまいませんからどうかこれだけはー、、って。
これって、謙虚の表れなんかじゃなく、
人間は心のどこかで知っているんだ。
奇跡を当てにした願いは、たくさんの代償を必要とするから、
一つだけしか頼めないって。
世界中の人がこれに気づいてるって、なんだか凄いことじゃないか?
分かっているのに些細なことで神頼みする僕もすごいなぁ、と感じつつ。
[PR]
by jank_heart | 2005-12-20 17:01 | 駄文


<< 結婚披露宴!! 日常:ストラグルについて。 >>