西日本新聞2

福岡県◎黒崎再生へ=九国大生グループ 「ご用聞き」計画説明 住民ら不審者対策を注文/北九州
06/11/10 朝刊小倉A18 028 西日本新聞社


独居老人宅を回り、日用品の注文・配達などを有料で行う「ご用聞き」を計画中の九州国際大(八幡東区)の学生グループ「KIU STAFF」は八日夜、八幡西区の黒崎市民センターで、対象地域の同区・JR黒崎駅前「藤田銀天街」の地元住民約四十人に計画案を説明した。
 「ご用聞き」の実施は、同グループが発案。高齢世帯を訪問し、生鮮食品の買い出しなどを行い、商品は地元商店街で購入して、活性化を図る。約二十人が、今月下旬から実験的に開始。必要商品などを調査する。
 計画は、黒崎小校区の五十世帯を週三回訪問。学生が受け取る料金は現時点では未定だが、実験段階は配達にかかる時間によって、時給六百七十円(福岡県最低賃金)をベースに換算して設定。安全面を配慮し、身分証や制服を着用する予定。
 この日の説明会では、応援の声が上がる一方、「不審者との区別に工夫を」「独居老人以外にも対象を広げてほしい」といった意見もあった。同校区社会福祉協議会の簾克己会長(70)は「個人情報の守秘義務など、課題は多い。信頼関係を築いていきたい」と注文。同大大学院の下山一矢さん(23)は「意見をまとめ、さらに計画を練りたい」と話していた。

これでそろったかな(笑)??
[PR]
by jank_heart | 2006-12-05 16:53


<< 西日本新聞から セブンイレブン >>